FEATURE

抗菌対策特集

近頃、殺菌・除菌・抗菌などの感染対策に力を入れる企業が大変多くなってきています。

商業施設やホテル、オフィスなど多くの人が行き交う場所において、対策は必須。

しかし一体何から始めたら良いかと悩む企業も多いのではないのでしょうか?

今回は【殺菌・除菌・抗菌の違い】と【グリーンディスプレイの抗菌対策】についてご紹介致します。

720px無光触媒_修正2-1.jpg.

【殺菌・除菌・抗菌の違い】

殺菌、除菌、抗菌と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?アルコールスプレーだったり、薬用石けんなどがよく目にするものですよね。

では殺菌、除菌、抗菌の違いは何でしょうか?菌を殺すのだから殺菌の方が抗菌より効果があると思う方も多いかもしれません。

感染対策という点では同じですが、役割や効果は別物です。では早速、それぞれの違いについて見ていきましょう。

◆殺菌:言葉の通り菌を殺すことです。全ての菌を殺さなくても数が減れば殺菌ということになります。医薬品・医薬部外品に使える表現で、薬用石鹸などが殺菌効果があるものとして目にすることが多いです。

◆除菌:殺菌とほぼ同義。医薬品・医薬部外品以外では殺菌をうたえないので除菌という言葉が使われます。食器用洗剤やアルコールスプレーなどで目にすることが多いです。

◆抗菌:菌の増殖を防ぐことを意味します。殺菌・除菌をしたすぐ後は菌の数は減っていますが、菌がまた張り付けば増殖していきます。しかし抗菌をしていれば、菌が増殖することを防ぐ効果があります。抗菌方法によって持続期間は異なりますが、効果は一時的ではなく数週間から数年、時には数十年持続と長期にわたり衛生さを保つことが可能です。

・。

【グリーンディスプレイの抗菌対策】

商業施設やホテルなど様々な場所で目にする造花や空間装飾の数々。とても華やかな気持ちになりますよね。

景観の美しさにあわせてウィルスがないクリーンな空間にしてお客様をおもてなししませんか?

グリーンディスプレイでは抗菌対策として壁面緑化や造木、装飾等に無光触媒を塗布するサービスを始めました。

.

720pxDSC08879.jpg

.

使用するのは無光触媒。光触媒という言葉は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?光触媒は太陽光などの光があるところで菌の増殖を抑える抗菌効果を発揮するもの。屋外や窓辺でないと使用が困難なものでした。かわって、無光触媒は文字通り、光があってもなくても抗菌効果を発揮してくれます。室内での使用も可能になったということで、様々な場所に対応できるようになりました。

/無光触媒要らすと.jpg

.

使用する無効触媒には抗菌効果以外にも消臭・防汚・防カビなどの効果があり、持続期間は約1年。

さらに、人体に入っても安全な溶剤(※)を使用しています。

(※日焼け止めクリームにも使用されている人体に無害な酸化チタンを主原料としたもの。)

塗布しても白っぽくなったり、質感がかわったりすることはありません。装飾のクオリティはそのままに、抗菌効果がプラスされます。

720pxスクリーンショット 2020-06-13 11.38.48のコピー.jpg

720pxスクリーンショット 2020-06-13 11.39.24のコピー.jpg

無光触媒詳細PDF:グリーンディスプレイ抗菌対策.pdf

施設にある既存のグリーンディスプレイが空間装飾制作に関わっていない壁面緑化や造木などへの塗布も可能です。

無光触媒と併用して防炎加工も可能です。詳しくは営業担当またはお問い合わせにご連絡をお願いいたします。

お問い合わせはこちら

8月4日に無光触媒についてのオンラインセミナーを開催致します。詳細、参加お申し込みはこちら