実績 WORKS

建仁寺

CASE / 
建仁寺

事例内容

建仁寺開山・栄西禅師が、中国から茶種を持ち帰って日本において栽培を奨励し、それまでごく一部の上流社会だけに限られていた茶を、広く一般社会にまで拡大され日本の生活には欠かせない現代まで続く「お茶」文化。

その発祥の地である建仁寺が、プロジェクトに参与。2020年3月3日、グリーンディスプレイは静岡県掛川市の休耕地でお茶産業を支えたオチャノキを献納、植樹致しました。

建仁寺は東京五輪・パラリンピックの記念硬貨にもなった、「風神雷神図屏風」で有名な寺院。日本国内では珍しい4m級に生長した2本のオチャノキをその風神雷神に見立て、三門(望闕楼)の前に植樹致しました。

 

当初、同年7月5日の栄西禅師の旧暦の命日に開催を予定していた献納式が1年延期となりましたが、建仁寺関係者の皆様、北山造園の皆様、掛川市の皆様、様々な方のご協力のもと2021年7月5日に看板を無事納めました。

 

▽プレスリリースはこちら▽

2020年3月3日

2021年7月5日

 

時期:
2020年3月〜
カテゴリ:
その他 植栽
ジャンル:
PLANTSCAPING

SNS SHARE

関連する事例

CONTACT

資料請求や各サービス、ホームページについての
ご意見・ご要望等がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る