FEATURE

インテリアライフスタイルTOKYO出展の様子

03.jpg



インテリアライフスタイルTOKYO出展の様子をご紹介します。



GREENDISPLAYが人と植物の関わりについて技術開発をしている「GDLab.」

室内外問わず、もっと自由な環境で植物と関わっていきたい。都市生活の中でも心地良い空間や良質な空間創造を目指しています。

今回のインテリアライフスタイルでは、「サツキ」「ヒバ」の盆栽を、男性、女性の目線に合う位置に設置,盆栽の本来の見方は残しつつ、アイアンの躯体と素焼きの器でモダンな印象を与えた開発途中の提案です。(これらの取組みは「Q.Plants」としてこちらからもご覧頂けます)

研究から得た結果で盆栽をより長期間室内に設置することや一般的には外構でのみ使用される植物なども植物に負荷なく、室内の植物を活き活きとした状態で保ちながらも、室内で長時間を過ごす様な環境,都市生活でのオフィスやホテル,公共施設や介護施設等の様々な分野でこの研究を活かしていきたいと思っています。

また、ドイツのメーカーから独自にセレクトした、様々な素材のプランターも展示しました。

バナナの樹皮を一枚一枚貼付けたものやコンクリート素材,青銅風の樹脂プランター。機能を重視したものでは、キャスター付きの屋外で対応可能な「座れる」プランター等

単なる植物を売る企業、プランターを売る企業ではない提案が出来ればという思いから、研究開発や、独自セレクトにてプランターや植物,ディスプレイ商材を国内外から買付けて来ています。


一つ一つの展示についてお話していくときりがありませんが、8月からは、東京都世田谷区三宿の本社でも上記の展示や、季節演出の提案を展開予定です。

今後もセミナーやイベント含め配信予定ですので、皆様のショールームへのご来場を心よりお待ちしております。





02.jpg


ショールーム予約やプランターに関するお問い合わせはこちら